Dojo Info

活動方針

「趣味から広がる可能性」
社会体育として空手の稽古を通じて空手の技術の修得に留まらず、生徒皆様の心身の健康や成長を心掛けています。

「空手で学べるものは「負けない強さ」に培われた「自信」。
空手の稽古での運動で体が強くなり、時間を作り稽古することで意志力を持ち心身の充実で自信が持てるようになります。

「具体的な4つのキーポイント」
1.課題に対応する能力
毎週毎に稽古の内容を変えて技術や戦術に関して変化を持たせることで、対応力が養われていきます。

2.キャリアプランニグ能力
昇級に応じて目標を作り積み重ねることで向上心が身につきます。

3.自分を理解する能力
世代や性別を超えた中での稽古で礼儀を学んでいきます。

4.コミュニケーション能力
仕事(学校)、家族以外での交流の場として新しい活躍の場を提供しています。

三浦道場創設者 
三浦美幸主席師範
アメリカ イリノイ州在住


1949年10月21日生まれ
1972年極真会館本部職員となる
同年10月、第4回全日本選手権で初優勝を果たす。
以後、極真会館で「百人組手」完遂。
映画、漫画に描かれる。
1984年、極真会館を離脱。「国際大山空手道連盟」の設立に参加。
2001年、国際大山空手道連盟を離れ、国際空手道三浦道場を設立。

千葉地区
指導責任者 杉浦隆一


1975年12月10日生まれ
1996年秋、三浦首席師範の元で内弟子として稽古を始める。
1999年、3年間の内弟子修行を終えて帰国。
2001年、「国際空手道三浦道場」の設立に伴い三浦主席師範の故郷千葉県下で空手の普及に努める。